• HOME
  • 相続放棄の期限延長

相続放棄の期限延長

相続放棄や限定承認の判断は、相続発生を知ってから3ヵ月以内にしなければなりませんが、それは、この短期間で被相続人の財産や借金をしっかり調査しなければならないということです。

しかし、実際全ての相続財産を確認し、プラスかマイナスかを判断することはなかなか難しいことです。

このようなときは、相続放棄の期間を延長してもらうことができます

それには、相続について利害関係を有する人が家庭裁判所に請求することにより、この期間を延長することができます。

借金が多いのか資産が多いのか直ちにははっきりしないために、相続放棄の決断がつかず迷っている場合には、この延長の請求をおすすめします。

例えば、被相続人が全国各地で様々な事業を行っていた場合や、複数ヶ所の不動産を所有していた場合、すべての資産と借金を3ヶ月で把握するのは困難ですから、このような状態にある場合にこの申し立てを行なうことができます。

そのほか、延長が認められるケースもありますので、一度ご相談ください。
 

 

相続放棄について、こちらもご覧ください!

相続放棄 限定承認と単純承認 相続放棄の期限延長
期限後の相続放棄
 


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.