相続放棄

被相続人が残した財産を「相続をしない」という選択をすることができます。

相続では、「不動産」や「現金」などのプラスの財産の他に、借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになります。

相続した結果、多大な借金を相続してしまうという
事態を防ぐために、相続人がそれら財産や借金の相続を「引き継がない」と申請することができるのです。


基本的には、「すべてを相続する」または「すべてを放棄する」しか選べず、「○○は相続するけど、●
は相続しない」ということはできません。



<相続対象となる物>

○「不動産」「現金」「株式」「自動車」等のプラスの財産
○「借金」「住宅ローン」「損害賠償請求権」「損害賠償責任」等のマイナスの財産


相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・・!?

原則として、3ヶ月以内であれば、裁判所に申し出ることで放棄することが可能です。

通常の場合は、被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければいけません。

この「3ヶ月」という期間は、相続放棄をするかどうかを判断するために相続人が財産と借金のどちらが多いのかを調査し、その内容を把握する期間として設定されています。 

なお、3ヶ月で全ての相続財産を把握しきれない場合は、この期間を延長することもできます。
>>相続放棄の期限延長について詳しくはコチラ

また、3ヶ月経過後でも条件によっては相続放棄が認められる場合もあります。

 

 

自分だけが相続放棄をすると、借金が他の人に引き継がれる。

相続人が複数いる場合には、一部の人のみが相続放棄することも可能ですし、全員が放棄するということも可能です。

ただし、一人が財産放棄をすると、借金も含め他の相続人もしくは次順位の相続人が相続することとなります。

したがって、相続放棄をする場合でも、自分だけ勝手にするのではなく、相続人同士で相談もしくは連絡することが円満に相続を進めるポイントとなるでしょう。
 

 

相続放棄について、こちらもご覧ください!

相続放棄 限定承認と単純承認 相続放棄の期限延長
期限後の相続放棄
 


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.