• HOME
  • 預貯金の名義変更

預貯金の名義変更

亡くなった方(被相続人)の銀行口座はどうなるか、皆さんはご存知でしょうか。

金融機関が被相続人の死亡を確認したら、被相続人名義の預貯金口座は凍結となります。

預貯金は被相続人にとっては相続財産です。
一部の相続人が勝手に預貯金を引き出すと、遺言書通りに遺産分割が行われない可能性があります。

それらを防ぐために金融機関は一旦口座をストップさせます。

凍結を解除するための方法は、

○相続財産を分割する前
○相続財産を分割した後

 この2パターンによって異なります。


相続財産を分割する前の場合

遺産分割の前の場合には、以下の書類を金融機関に提出してください。     

①金融機関所定の払い戻し請求書
②相続人全員の印鑑証明書
③相続人全員の現在の戸籍謄本
④被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのものすべて)
⑤被相続人の預金通帳
⑥被相続人の届出印


その他、金融機関が指定してくる書類等もあります。

 

相続財産を分割した後の場合

「遺産分割協議に基づく場合」「調停・審判に基づく場合」「遺言書に基づく場合」の3パターンがあります。

 

 

遺産分割協議に基づく場合

基本的に遺産分割前と変わりませんが+遺産分割協議書の提出が求められます。

① 金融機関所定の払い戻し請求書
② 相続人全員の印鑑証明書
③ 相続人全員の現在の戸籍謄本
④ 被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのものすべて)
⑤ 被相続人の預金通帳と届出印
⑥ 遺産分割協議書(相続人全員が実印で押印)

 

調停・審判に基づく場合

調停・審判の場合、家庭裁判所関連の書類の提出が求められます。

① 家庭裁判所の調停調書謄本、審判書謄本
② 相続人の戸籍謄本
③ 相続人の印鑑証明書
④ 被相続人の預金通帳
⑤ 被相続人の届出印

遺言書に基づく場合

遺言書に基づく場合は遺言書が必須となります。

① 遺言書 (コピー可)
② 被相続人の除籍謄本
③ 被相続人の預金通帳と届出印
④ 相続人の印鑑証明書


以上が預貯金の名義変更です。わからない点等は当事務所までお気軽にご相談ください。

 

 

名義変更について、こちらもご覧ください!

名義変更 土地・建物の名義変更 預貯金の名義変更
車の名義変更


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.