• HOME
  • みなし財産

みなし財産

みなし財産とは、死亡保険金や死亡退職金などのように、被相続人の死亡を原因として相続人がもらえる財産のことです。

生前に持っていなかった財産であったとしても、相続財産とみなされて相続税がかかります。


みなし財産としてよく取り扱われる財産

○死亡保険金
生命保険金、損害保険金など

○死亡退職金
退職手当金、功労金など

○その他
定期預金に関する権利、その他遺言によって受けた経済的利益、生命保険に関する権利、定額譲渡により受けた利益など

ただし、死亡保険金や退職金には非課税限度額(500万円×法定相続人の数)があるので、金額が相続財産になるわけではありません。


これを超えると、相続財産とみなされ、相続税の対象となりますので対策が必要です。


みなし相続財産について、何が該当するのかを理解すること容易ではありません。
ぜひ、専門家に相談することをおすすめ致します。

当事務所では無料相談を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。



相続財産について、こちらもご覧ください!

相続財産はどれ? 財産目録の作成 相続財産の種類
みなし財産


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.