• HOME
  • 配偶者控除

配偶者控除

一定の要件を満たした夫婦間で住宅取得の資金を贈与した場合は、2,000万円まで贈与税が課されないことになります。

これを配偶者控除またはおしどり贈与いいます。

 

配偶者控除の要件

主な要件は次のとおりです。

○夫婦の婚姻期間が20年を過ぎたあとの贈与
○配偶者から贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること
   また居住用不動産を取得する為の金銭であること
○その不動産に、贈与を受けた年の翌年3月15日までに実際に住むこと
    また、その後引き続き住む見込みであること
○配偶者控除は、同じ配偶者からの贈与については一生に一度のみ
○配偶者控除を受けるためには、必ず贈与税の申告が必要


この特権を活用すれば、課税遺産総額を大幅に減らすことが可能です。
遺産額が基礎控除額を大きく上回る場合などには、相続税の節税対策として効果的です。

ぜひ、専門家にご相談のもと、早い段階から対策することをおすすめ致します。

当事務所でも控除についてのアドバイスさせていただくことが可能です。
相続の無料相談も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

生前対策について、こちらもご覧ください!

生前対策 生前贈与 相続時精算課税制度
配偶者控除 遺言書 事業承継


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.