生前贈与

生前贈与とは被相続人が死亡する前に、自分の意思で相続財産を分割することを指します。
相続税対策として生前贈与を行うケースが多いです。

ただし、贈与というと財産をもらうと思われている方もいらっしゃいますが、実は贈与にも相続税と同様に贈与税という税金がかかります

しかも、相続税よりもさらに重たい税金となっています。

ただし、生前贈与について、年間合計110万円までの基礎控除額が認められています。

贈与税の基礎控除

贈与したものの総額が110万円以下ならば税金がかからないことになります。

この基礎控除は贈与を受けた側に適用される控除のため、1人あたり110万円以下であれば、何人にでも贈与税を課されずに贈与を行うことができます。

例えば、贈与を受け取る方が3名いたとしたら、10年間、生前贈与を行えば合計で3300万円の相続財産を減らすことが可能になるのです。

ただし、毎年同じ金額を何年も贈与し続けると、贈与税を払わなければいけないケースもあります。
これを「連年贈与」といいます。

基礎控除制度をうまく利用しようとしても、しっかりとした知識がないと節税にならなかったという話は少なくありません。

当事務所では、相続の専門家が事前に税額シミュレーションを行った上で、節税対策のお手伝いも行っております。



まずはお気軽に無料相談をご利用ください。


 

連年贈与

基礎控除額以下であれば課税されないはずの生前贈与ですが、贈与税を払わなければならないケースがあります。



毎年同じ金額の贈与を何年も続けていくことを「連年贈与」といいますが、生前贈与が「連年贈与」とみなされた場合には、課税の対象となってしまいます。



たとえば毎年110万円の生前贈与を10年間行った場合、110万円×10年=1,100万円の財産を贈与する意思があり、それを分割贈与したとみなされるのです。



このように、基礎控除という制度をうまく利用しても、やり方次第では後で課税されてしまうというケースもありますので、専門家からのアドバイスを受けることをおすすめします。

 

 

生前対策について、こちらもご覧ください!

生前対策 生前贈与 相続時精算課税制度
配偶者控除 遺言書 事業承継


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.