生前対策

生前の相続対策といっても、様々な対策があります。
どの対策を選ぶのか、または組み合わせるのかによって効果はかなり異なります。

ここでは、どのような対策があるのかをご紹介致します。

 

生前贈与とは

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。
これによって、相続税を節税することができます。
ただし、注意点がいくつかありますので、事前に理解しておきましょう。 

 

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度を用いると、特定の条件下で2,500万円まで贈与税がかからなくなります。
相続税が多額になることが生前に分かったら、相続時精算課税制度を検討してください。
ただし、制度を適用するリスクもありますので、確認が必要です。

>>詳しくはこちら


 

配偶者控除

一定の要件を満たした夫婦間で、住宅または住宅の取得資金を贈与した場合は、
2,000万円まで贈与税が課されないことになります。
これを配偶者控除といい
ます。

>>詳しくはこちら


 

遺言書

遺言は種類によって法律で書き方が決められています。
せっかく書いた遺言書に不備があっては相続対策において何の意味もありません。
自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をいたしますが、
のちのちのトラブルを避けるためにきちんとした遺言書を作成されることをおすすめします。

 

 

事業承継とは

事業承継とは、会社(事業)を現在の経営者から後継者に引き継ぐ形で譲渡することです。
事業だけでなく、会社の株式や財産、役職など、これまで経営者として保有・管理してきた様々なものを後継者に譲り渡すことになります。

>>詳しくはこちら

 

 

生前対策について、こちらもご覧ください!

生前対策 生前贈与 相続時精算課税制度
配偶者控除 遺言書 事業承継


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.