• HOME
  • 相続税の税務調査

相続税の税務調査

相続税は申告して終わりではありません。

申告して数年後に、
相続税申告をした方の実に4分の1の人に対して税務調査が入ります。
さらに
税務調査に入った件数の8割以上という高い確率で、修正が入り追加で税金を支払う必要があります。



特に預貯金などの金融資産に関しての修正が大半を占めます。

 

税務調査の多くは事前に税務署から通知がきます。

相続税の申告を税理士に依頼している場合には、申告書への押印のある税理士へ事前に電話が入ることがほとんどです。

したがって、通常は申告を依頼した税理士に対応してもらえばいいのですが、中には税務調査の経験が浅い先生や相続税申告をほとんど行ったことのない先生がいらっしゃいます。

そのような先生のお世話になっている場合には、別の税理士に依頼されるというケースが最近では多くなってきています。

税理士の中には「税務調査は別の税理士に依頼してほしい」とい方までいらっしゃるようです。

当事務所では、税務調査のみのサポートにも対応しております。
相続税申告の経験も豊富ですので、まずはご相談ください。

 

 

相続税について、こちらもご覧ください!

相続税の申告・納付 相続税とは 相続税の基礎控除
相続税評価額の算出 相続税申告に必要な書類 納税資金の準備
延納と物納 相続税の還付 相続税の税務調査
相続についてのお尋ね 相続税改正と対策  


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.