• HOME
  • 相続税の基礎控除

相続税の基礎控除

財産を受け継いだ人の全てが税金を払わなければいけないわけではありません。
実際に納税が必要になるケースというのは100件中4件程度です。

基礎控除額というものが設定されており、「基礎控除額を超える財産」を受け継いだ人のみに相続税が発生します。

この基礎控除額は遺産を相続する人数で変わります


基礎控除額の計算

基本となる計算は以下の通りです。

3000万円+(600万円×法定相続人の数)=基礎控除額

ある家族で旦那様が亡くなられたケースでは、その「奥様」「子供3人」の計4人が法定相続人だとすると、
3000万円+(600万円×4)=5400万円
となり、5400万が控除額の上限となっております。

なお、法定相続人にカウントされるのは「相続放棄をした相続人」なども含まれます。

相続税を払わなければいけないのかどうか、上記の式を使って把握してみましょう。

当事務所では相続税申告の経験豊富な税理士が親身にアドバイスさせていただきます。
相続の無料相談も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

相続税について、こちらもご覧ください!

相続税の申告・納付 相続税とは 相続税の基礎控除
相続税評価額の算出 相続税申告に必要な書類 納税資金の準備
延納と物納 相続税の還付 相続税の税務調査
相続についてのお尋ね 相続税改正と対策  


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.