• HOME
  • 相続税の申告・納付

相続税の申告

ここでは相続税の申告・納付について詳しく説明致します。



相続税は原則、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に申告しなければなりません。

また、原則として相続税の全額を現金で納付しなければいけません。

遅れると無申告加算税 や 延滞税等が課せられる場合がありますので、しっかりと理解しておきましょう。



相続税とは

相続税とは、お亡くなりになられた方の遺産(残された財産)を取得した相続人等(受遺者を含む)
にかかる税金
のことです。

>>詳しくはこちら



相続税の基礎控除

全ての場合に相続税が発生するというわけではなく、基礎控除額を超える
財産を相続する場合に発生
します。

>>詳しくはこちら

 

 

相続税評価額の算出

相続税とはある一定以上の財産を得るときに、国から課せられる税金のことです。

では、相続税がどのように算出されるのか、どのように相続財産として評価されるのかを把握しましょう。

>>詳しくはこちら



相続税申告に必要な書類

相続税申告には多くの書類が必要です。
必要書類を一覧表にまとめてみましたので確認しておきましょう。

>>詳しくはこちら

 


納税資金の準備

納税資金の準備も重要な相続対策の一つです。

相続税額を下げることばかりに気をとられ、肝心の相続税を納付する資金がないと意味がありません。

>>詳しくはこちら



延納と物納

相続税は納付期限までに現金・一括納付が原則ですが、事情で一度に払えない場合も出てきます。
そこでその際の対応も理解しておきましょう。

>>詳しくはこちら

 

 

相続税の還付

相続税の還付とは、払いすぎた相続税が戻ってくることです。
相続税額は評価する税理士のスキルにより大きくことなります。

>>詳しくはこちら

 

 

 

相続税の税務調査

 

相続税は申告して終わりではありません。
申告して数年後に、相続税申告をした方の実に4分の1の人に対して税務調査が入ります。
さらに税務調査に入った件数の8割以上という高い確率で、修正が入り追加で税金を支払う必要があります。

>>詳しくはこちら


 

相続についてのお尋ね

相続が開始して数ヵ月後に税務署から突然の手紙が届くことがあります。
その書面に「相続についてのお尋ね」と記載されている場合は、注意が必要です。

>>詳しくはこちら


 

相続税改正と対策

平成23年度税制改正大綱が発表されました。
現在、想定されている税制改正でこれまでよりも多くの方に影響を与えることが予想されます。
特に、改正により多くの方に直接的な影響を与えると予想されるのは以下の2点です。

>>詳しくはこちら

 

 

相続税について、こちらもご覧ください!

相続税の申告・納付 相続税とは 相続税の基礎控除
相続税評価額の算出 相続税申告に必要な書類 納税資金の準備
延納と物納 相続税の還付 相続税の税務調査
相続についてのお尋ね 相続税改正と対策  


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.