• HOME
  • 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書

遺産分割協議書とは、遺産分割協議で決定した遺産を分割する方法や金額を記載した書類のことです。

相続が発生した場合、亡くなった人(被相続人)の財産は遺言で財産の分配方法が指定されていない限り、原則として民法で定められた割合(法定相続分)で分配されることになります。

また、相続人全員で話し合い(遺産分割協議)を行うことで法定相続分とは異なった割合で財産を分配することが可能となります。

そのような話し合いをもとに作成するのが遺産分割協議書です。

 

 

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書には決まった書式はありません。
ただし、一つ必ず守らなければならないルールがあります

それは、相続人全員の同意のもと作成するということです。

誰かが抜けていては効力がありません。
遺産分割協議を行い、相続人の同意をとりつけるのです。

ただし、全員が一堂に会する必要はありません。
電話等で内容に納得してもらい、遺産分割協議を一通だけ作成して、郵送で送って押印してもらうだけでも同意は可能です。

手書きでなくてもパソコンで作成した書類でもかまいませんが、後々のトラブルを回避するために自書をおすすめします。

遺産分割協議書を作成するために必要なもの

・被相続人の除籍謄本、改製原戸籍、戸籍謄本
・被相続人の住民票の除票、戸籍の附票
・相続人の住民票
・相続人の実印と印鑑証明書
・財産の内容がわかる資料(不動産の場合:登記簿謄本、預貯金の場合:預金通帳、残高証明等)

遺産分割協議書の例

遺産分割協議書

 平成○○年○月○○日 河崎太郎(東京都○区○町○丁目○号)の死亡により開始した相続につき共同相続人である河崎三郎と河崎恵子は次のとおり遺産分割の協議をした。


一.相続人河崎恵子は次の不動産を取得する。
 1.所在  ○区○町○丁目
   地番  ○番○
   地目  宅地
   地積  ○○.○○平方メートル

 2.所在  ○区○町○丁目○番地○
   家屋番号  ○番○
   構造  木造瓦葺2階建
   床面積  1階 ○○.○○平方メートル
          2階 ○○.○○平方メートル

二 相続人河崎三郎は次の預金を取得する。
 1.株式会社○○銀行○○支店の被相続人名義の預金
    普通預金  金○○○円
 2.株式会社○○銀行○○支店の被相続人名義の預金
    定期預金  金○○○円

上記のとおり協議が成立したので、その成立を証するため本書2通を作成し署名、押印の上それぞれ1通を所持する。


平成○○年○○月○○日
東京都○区○町○丁目○番○
  相続人 河崎三郎 印
東京都○○区○○町○○丁目○○番○○
  相続人 河崎恵子 印


もし、話し合いでの遺産分割協議がうまくいかないときは、家庭裁判所に遺産分割の請求をすることができます。

その場合、「調停」あるいは「審判」により分割がされることになります。

 

 

遺産分割について、こちらもご覧ください!

相続財産の分け方 遺産分割の方法 遺産分割の対象財産
遺産分割の協議 遺産分割協議書の作成  


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.