• HOME
  • 遺産分割の方法

遺産分割の方法

遺産の分け方は主に次の3つの方法があります。
ここではその3つの方法について、それぞれご説明します。

 

現物分割

現物分割とは相続財産そのもの自体を分けることです。

不動産はAさんに、預金はBさんに、その他の財産はCさんにというように、どの相続財産を誰が相続するかを現物によって決めていきます。

やり方としては非常に簡単に相続できる方法ですが、相続人の間で不公平になる可能性があります。

例えば土地は1億円の価値があるのに、その他の財産は2000万円しか価値がないようなとき、一人の土地を受け取るのは不公平感があります。


この現物分割では、各相続人の相続分をきっちりわけるのは難しいため、以下の2つの方法がとられます。

 

 

代償分割

代償分割とは特定の財産(現物)を相続するかわりに、他の相続人に金銭を引き渡す方法です。

相続財産が不動産しかない場合に、たとえば長男が不動産を相続した分、弟に現金で300万円を支払うという方法です。

 

 

換価分割

換価分割とは土地などの財産を売却し、現金化した上で、その金銭を相続人で分けることです。
たとえば、不動産のみが相続財産である場合に、この方法がよく用いられます。

株式、社債などの有価証券も売却できる財産ですから、換価分割による方法が取れます。
現物分割をすると価値が下がる場合は、こうした方法をとることがあります。

 

 

遺産分割について、こちらもご覧ください!

相続財産の分け方 遺産分割の方法 遺産分割の対象財産
遺産分割の協議 遺産分割協議書の作成  


 

0120-988-684│無料相談ご予約ダイヤル

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ
Copyright (C) 2012 新潟あんしん相続サポート|FUN税理士法人 All Rights Reserved.